最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

高い波を乗り越えることができず

  1. 2007/08/11(土) 23:36:00|
  2. マリンスポーツ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
高い波を乗り越えることができず、波に飲み込まれたことや、ポードで顔を傷つけたこともありましたが、波の上に乗っていると、とても不思議な感じがします。何ものにも代え難い魅力があります。」「男のスポーツという既成概念がありますが女性が挑戦的になっているし、活発にもなっています。以前であれば、サーフショッブで相手にされることもありませんでした。しかし、今は男性、女性関係なく平等に接してもらうことができるし、楽しむことが可能な環境が整ってきていることも女性が増えている原因のうちのひとつであると考えられます。」

テクニカルダイビング (Technical diving) とは、オーバーヘッド環境(閉鎖環境)と減圧(仮想閉鎖環境)を伴う大深度への潜水のことですね。 スポーツダイビング、レジャーダイビングなどと呼ばれる一般人が楽しみで行うスキューバダイビングの一つのカテゴリーであり、レクリエーショナルダイビングと区別されています。

そしてサーフィンをする場合ですが初心者にとって覚えなければならないことがあります。最初は波に慣れることです。波は慣れないと上手に乗れません。緩やかな波を選び感覚をつかむといいでしょう。その後にようやくテイクオフやパドリングと覚えていきます。

まとめですがサーフィンの1番の魅力は波との一体感でしょう。自然を使って一体化し満足感を得るスポーツはサーフィンの大きな魅力です。女性から男性そして幅広い年齢層に受け入れられるサーフィンを始めてみませんか

サーフィンといえば波乗りですね

  1. 2007/08/10(金) 23:36:00|
  2. スキューバダイビング|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
サーフィンといえば波乗りですね。毎年全国の砂浜ではサーフィンをする若い人たちで込み合います。サーフィンは夏とうイメージがあるのですが通になると季節を問わず出かけていき楽しむようです。サーフィンについてもっと知りましょう。

次にサーフィンに使う道具ですがウエットスーツ、サーフボードが基本として必要です。ウエットスーツは水温に合わせて着心地のいいものを選ぶといいでしょう。サーフボードは厚み・幅・長さを考慮するといいです。初心者はショップの店員に聞きながら選ぶのがいいでしょう。

かつて「電車サーファー」というサーフポードを抱えた人が流行しましたが、現在はサーフショップがレンタルします。ただ、ほとんどの女性はいきなり海ヘということではなく、サーフショップのスクールを受講してから海に入ります。危険なスポーツであると認識しているのか、インストラクターの指導で練習する風景をあちこちで見ることが可能です。

海の世界を見たい、海でスポーツがしたい、密かにそう思っている人は意外に多いはずです。ただ、海のスポーツに馴染みがないため、始めるきっかけがなく、行動に移すことができない人が多いのかもしれません。マリンスポーツは、まずは安全を考えなければなりません。やってみたいと思ったならその気持ちを大切にして、まずは情報を集めることから始めてみてはいかがですか? スキューバダイビングの情報も!

まさにサーフィンの魅力に取り憑

  1. 2007/08/09(木) 23:36:00|
  2. サーフィン|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
まさにサーフィンの魅力に取り憑かれたようなると「波に乗った瞬間、今までに味わったことのないような快感があるんです」と言います。「共通の趣味が持てるということもサーフィンの良さです。サーフィンは他のスポーツにはない楽しさと危険さが表裏一体になっています。1回やれば、その魅力に取り憑かれてしまいます。サーフィンは楽しさと怖さの両面を持ち合わせています。」「女性は男性と比較して、腕の力が弱いためバドリングで苦労します。

さてサーフィンといえば道具を揃えなければいけないのです。サーフィンの道具にはウエットスーツとボードが最低限必要です。そのほかにあると便利なのがリーシュコード、ポリタンク、コンテナボックスでしょう。これらの道具を用意してサーフィンを始めるのです。使う道具は以外に少ないといえるかもしれません。

女性サーファー人口は20〜30歳代のOLを中心に急に増加しています。10年前には男性9に対して女性1の割合でしかなかったサーフィン人口は現在においては7対3の割合になっています。地元をはじめとして東京、埼玉といったところからも湘南に多くの人が押し寄せ、サーフショップでホードを借りて海へトライに行きます。女性ファンを増やす要因はこの手軽であるようです。

海のスポーツをやっていると聞くと、なぜか理由もなくすごいなぁと思ってしまいませんか?それは海のスポーツが遠い存在だと思われる傾向があるからでしょう。しかし、実際に始めてみると意外に遠い存在ではないことに気付くはずです。マリンスポーツは、まずは安全を考えなければなりません。気になっているものがあったら、是非1歩踏み出して始めてみることをオススメします。

サーフィンといえば波乗りですね

  1. 2007/08/08(水) 23:36:00|
  2. マリンスポーツ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
サーフィンといえば波乗りですね。毎年全国の砂浜ではサーフィンをする若い人たちで込み合います。サーフィンは夏とうイメージがあるのですが通になると季節を問わず出かけていき楽しむようです。サーフィンについてもっと知りましょう。

スキューバーダイビングをして海の世界を見たい、海の魚たちに会いたい。そう思うっている人はたくさんいるのではないでしょうか?やってみたいのなら、是非始めてみてはいかがでしょうか?テレビや雑誌でみた海のスポーツの世界はあなたの気持ち一つで実際に見ることができるのです。

有名な海のスポーツと言えばやはりヨット。やっているときの爽快感は最高です。逗子や葉山でたくさんヨットを見かけるけど、どうやったら仲間入りできるの?と疑問に思っている人もいるでしょう。また、ヨットを持っていないからできないと思っている人もいるでしょう。実はヨットを持っていなくてもレンタルヨットがあるから大丈夫なのです。また、ヨットスクールもあるので気になる方は是非ヨットスクールに入ってみてはいかがでしょうか。

海のスポーツをやっている人に話しを聞いてみると、いかに海が面白いかをとくとくと語ってくれることでしょう。マリンスポーツは、まずは安全を考えなければなりません。でも、やっぱり実際にやってみないとその面白さやすごさはわからないでしょう。まだ海のスポーツを体験したことがないなら、是非何か始めてみてください。あなたの世界がきっと変わるはずです。

サーフィンといえば波乗りですね

  1. 2007/08/07(火) 23:36:00|
  2. スキューバダイビング|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
サーフィンといえば波乗りですね。毎年全国の砂浜ではサーフィンをする若い人たちで込み合います。サーフィンは夏とうイメージがあるのですが通になると季節を問わず出かけていき楽しむようです。サーフィンについてもっと知りましょう。

海のスポーツの体験としてよく耳にするものといえば、スキューバーダイビング。マリンスポーツの醍醐味は海の世界を堪能できること。通常のスキューバーダイビングをするにはまずはダイビングライセンスを取得する必要がありますが、体験ダイビングならライセンスがなくてもお手軽にダイビングを楽しむことが出来ます。

男性である場合、自分でボードを購入し、我流で覚えるということもありますが、女性はスクールに入る人が多くいます。

海のスポーツをやっていると聞くと、なぜか理由もなくすごいなぁと思ってしまいませんか?それは海のスポーツが遠い存在だと思われる傾向があるからでしょう。しかし、実際に始めてみると意外に遠い存在ではないことに気付くはずです。マリンスポーツは、まずは安全を考えなければなりません。気になっているものがあったら、是非1歩踏み出して始めてみることをオススメします。


RSS関連リンク
サーフィンのヨーロッパ到来50周年
サーフィンといえば、ハワイをイメージしますが、ヨーロッパにサーフィンがあら...

決してマネしてはいけないトレインサーフィンのムービーいろいろ
トレインサーフィンとは、その名の通り列車を使ったサーフィンのことで、走行中の列車から体を乗り出してみたり、屋根に上って架線を避けたりするもの。おそらくスリルを味わうスポーツ感覚なのでしょうが、けっこう事故も発生しているらしい。 ...

DTIブログって?

次のページ