最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

サーフィンの季節がやってきます

  1. 2007/08/06(月) 23:36:00|
  2. スキューバダイビング|
  3. トラックバック:4|
  4. コメント:0
サーフィンの季節がやってきます。最近のサーフィンブームにのって多くの若い方がサーフィンを始めようとしています。よくスポーツ用品店では新しいサーフィン用品を買い求めています。サーフィンの面白さといえばうまく波に乗れたときの爽快感ではないでしょうか。そんなサーフィンのみりょくについて知ってみましょう。

スキューバダイビングのメーカーであるハルシオンでは、今年だけでも、日本、フィリピン、オーストラリア、紅海、シンガポール、イタリア及びトルコにおいて教育、沈船、洞窟、発掘などのプロジェクトの準備を進めています。ハルシオンではブリタニック99遠征のメインスポンサーを務めるだけでなく、設計、製造、マーケティングなどの各現場スタッフが実際にダイビングをしてプロジェクトのサポートを努めます。ハルシオンはまた、水中世界の微妙なバランスをより深く理解することが人類の利益につながるものと信じ、科学的、歴史的リサーチプロジェクトに多大な寄付をしています。

有名な海のスポーツと言えばやはりヨット。やっているときの爽快感は最高です。逗子や葉山でたくさんヨットを見かけるけど、どうやったら仲間入りできるの?と疑問に思っている人もいるでしょう。また、ヨットを持っていないからできないと思っている人もいるでしょう。実はヨットを持っていなくてもレンタルヨットがあるから大丈夫なのです。また、ヨットスクールもあるので気になる方は是非ヨットスクールに入ってみてはいかがでしょうか。

最後にサーフィンは上達するととても楽しいスポーツです。うまく波に乗れたときの満足感と充実感は何も変えがたいものです。早く上達するためにはとにかく練習をします。時間を見つけ海に通うことが大切です。若い人から中高年までとりこにするサーフィンをしてみませんか。


RSS関連リンク
サーフィン
070524_180201 5月から波乗りをはじめました! なかなか上達はしないですが、それなりに楽しんでいます! いい波が来て、乗れた時は、本当に気持ちよくて、このままずーっと乗れたらなぁ〜なんて思ったり、時には波に巻かれて「うっ〜!苦しい〜! ...

海から見た、ニッポン 坂口憲二の日本列島サーフィン紀行 第...
海から見た、ニッポンは、俳優・坂口憲二がサーフボードとともに日本全国の海岸線を巡る旅を、’06年から’07年にかけて約1年間という長期にわたって撮影したロードムー...

高い波を乗り越えることができず

  1. 2007/08/05(日) 23:36:00|
  2. マリンスポーツ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
高い波を乗り越えることができず、波に飲み込まれたことや、ポードで顔を傷つけたこともありましたが、波の上に乗っていると、とても不思議な感じがします。何ものにも代え難い魅力があります。」「男のスポーツという既成概念がありますが女性が挑戦的になっているし、活発にもなっています。以前であれば、サーフショッブで相手にされることもありませんでした。しかし、今は男性、女性関係なく平等に接してもらうことができるし、楽しむことが可能な環境が整ってきていることも女性が増えている原因のうちのひとつであると考えられます。」

海のスポーツの代表の一つとして上げられるスキューバーダイビング。やってみたいと思っている人は多いのではないでしょうか。海に潜って魚と泳ぐなんて素敵ですよね。マリンスポーツの醍醐味は海の世界を堪能できること。この日常では考えられない不思議な体験ができることがスキューバーダイビングの大きな魅力の一つといえるでしょう。

また実際にサーフィンをする場合の方法ですが最初は波に慣れることから始めていきパドリングからはじめます。パドリングはサーフィンの基本であり大事なものです。パドリングのコツはボードの中心に乗り両足は閉じて顔を上げて前を向きます。手は軽く閉じて海水を漕いでいきます。

まとめとしてサーフィンは練習をすればするほど上達していきます。うまくいかない人は練習をしなかったり自分にいいわけをしがちになります。サーフィンで思うように波に乗れたときの爽快感は最高です。サーフィンを始めることに年齢は関係ありません。サーフィンを始めてみませんか。


RSS関連リンク
「ネットサーフィン」っていわなくなったのはいつのことだろう
Wikipediaによれば、「ネットサーフィン」とは、「ウェブページの閲覧において、各ページを、興味のおもむくまま、次々に表示して閲覧していく行動を、波から波へと渡るサーフィンに見立てた造語」だそうだ。不勉強にして、サーフィンで「波から波へと ...

金子賢さんに聞く 海とサーフィンの魅力
アウトリガーカヌー、カイトボードなど、最新マリンスポーツを一挙紹介。

海のスポーツ、やってみたくあり

  1. 2007/08/04(土) 23:36:00|
  2. スキューバダイビング|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
海のスポーツ、やってみたくありませんか?青く澄んだ空、そして透き通る海で自然に触れながらする海のスポーツ。マリンスポーツについてはこのサイトでもいろいろとご紹介していますが、ヨットやスキューバーダイビング、サーフィンそしてパラセーリングやシュノーケリング、ジェットスキー。あなたは、どの海のスポーツをやってみたいですか?

海の世界を体験できる海のスポーツと言えばやはりスキューバーダイビング。マリンスポーツの醍醐味は海の世界を堪能できること。サンゴのまわりを泳ぐ色とりどりの魚たち、不思議な海の生物、ウミガメやイソギンチャク。海の中には想像できないほどたくさんの変わった生き物がいます。スキューバーダイビングで海の世界を見たらそのすばらしさにきっと驚くことでしょう。

国内外で女性サーファーのためのコンテストも増加しています。日本サーフィン連盟(NSA)が主催する全日本コンテストや、毎年、秋に開催される平塚市長杯サーフィンコンテスト、茅ケ崎市長杯アマチュアコンテストにも女性サーファーの参加が増加しています。

海のスポーツをやっていると聞くと、なぜか理由もなくすごいなぁと思ってしまいませんか?それは海のスポーツが遠い存在だと思われる傾向があるからでしょう。しかし、実際に始めてみると意外に遠い存在ではないことに気付くはずです。マリンスポーツは、まずは安全を考えなければなりません。気になっているものがあったら、是非1歩踏み出して始めてみることをオススメします。


RSS関連リンク
2007年8月3日千葉南のサーフィン波情報と波乗りランク
モチベーションの元になってますのでぜひぜひクリックをお願いします! サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中. くる天 人気ブログランキング. ランキング参加中, ブログランキング. にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ.

キャリアバーを自転車と兼用可能!CAP(キ
ネットサーフィンだけじゃ何の変化もありませんものね。 はい、それではおおまかな作業を説明します. まず、あとで紹介する10社のサイトに登録(すべて無料)してID、 パスワードの収集を行います。 そのIDとパスワードで . ...

まさにサーフィンの魅力に取り憑

  1. 2007/08/03(金) 23:48:45|
  2. サーフィン|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
まさにサーフィンの魅力に取り憑かれたようなると「波に乗った瞬間、今までに味わったことのないような快感があるんです」と言います。「共通の趣味が持てるということもサーフィンの良さです。サーフィンは他のスポーツにはない楽しさと危険さが表裏一体になっています。1回やれば、その魅力に取り憑かれてしまいます。サーフィンは楽しさと怖さの両面を持ち合わせています。」「女性は男性と比較して、腕の力が弱いためバドリングで苦労します。

テクニカルダイビングは、1950年代より行われていた直接水面まで浮上することのできない洞窟(海中鍾乳洞、泉なども含む)や沈船などオーバーヘッド環境(詳しくは洞窟潜水の項参照。)の潜水技術や知識を元にして、1980年代にNOAA(米国海洋大気圏局)などで研究されてきた混合ガス潜水技術を用い、仮想天井の減圧停止を伴い、それまでは潜る事の出来なかった大深度潜水(水深40mから100m程度まで)を安全に出来るよう体系化されたレジャーダイビングを指しています。1990年代に入り雑誌で紹介されてからテクニカルダイビングと呼ばれる。

10代より20〜30歳代のOL層に広がっており、冬場の平日でもトライする女性が増加しています。健康、ダイエットのためにと50〜60歳代の中高年女性も増加し、ブームに火がついたという状態です。女性が増加するというのは男性サーファーが増加するという”相乗乗効”も生まれています。 女性サーファーが増加した背景には、雑誌、テレビといったメディアの影響が大きいとされています。昨年、主人公が女性サーファーである米国映画が日本でヒットしたということもひとつのきっかけであると見られています。

海の世界を見たい、海でスポーツがしたい、密かにそう思っている人は意外に多いはずです。ただ、海のスポーツに馴染みがないため、始めるきっかけがなく、行動に移すことができない人が多いのかもしれません。マリンスポーツは、まずは安全を考えなければなりません。やってみたいと思ったならその気持ちを大切にして、まずは情報を集めることから始めてみてはいかがですか?


DTIブログって?

前のページ